日本海上工事株式会社

地下埋蔵物・空洞調査

対象物及び深度により各種の探査法が適用されており、
適切な探査法を選定することが重要です。

概要

近年、都市土木及び建築構造物の新設工事において、基礎地盤中に存在する空洞や地下埋設物が設計・施工上の障害となるケースが多くなっている。中でも、市街地域における埋設ガス管の破壊、空洞による地盤の沈下・陥没等は危険性が高くその調査が重要となっている。埋設物、空洞調査はその対象物及び深度により各種の探査法が適用されており、適切な探査法を選定することが重要である。

概要

磁気探査法

地下に埋設された鉄類の周囲には磁気の異常分布が生じています。この異常分布を磁気センサーで感知し、測定して得られた記録波形から埋設物の位置や深度・大きさを求めます。

水平磁気調査水平磁気調査
鉛直磁気調査鉛直磁気調査

電波探査法(地中レーダー法)

アンテナを移動しながら地中に電波を送信すると、電気的性質の異なる物質の境界面で反射波が生じます。
この反射波を受信し、測定記録を処理・解析することにより地中断面が映像表示され、埋設物や空洞などの位置と深さが求められます。

埋設管反射画像記録埋設管反射画像記録
地中レーダー概念調査により発見された空洞
地中レーダー概念地中レーダー概念

速度検層法(根入れ深度調査)

橋脚・基礎・場所打ち杭の直近に調査孔(ボーリング孔)を掘削し、場所打ち杭の頭部又は側面を直接打撃する事により、打撃した杭を伝播した波動の速度・到来方向・振幅から根入れ深度を推定する事が出来ます。
打撃するための構造物が地表にない場合は不可能となります。
速度検層法は伝播時間から速度を求める解析を行います。
伝播速度による評価は、構造物を打撃した時に発生した波動が杭内部を伝播し、場所打ち杭を抜けた後は地盤を伝播することから、両者の伝播速度を走時曲線の変曲点として評価し、根入れ深度を決定します。

速度検層法(根入れ深度調査)

ボアホールレーダ法

橋脚・基礎・場所打ち杭の直近に調査孔(ボーリング孔)を掘削し、H鋼・鉄筋等の金属に良く反応する事を利用する。基礎コンクリート・杭先端部は鉄筋が入っていないことがあり、先端の深度を特定する事が困難となる。構造物が地表にない(埋設管の支持杭など)場合にも有効である。
アンテナをボーリング孔に挿入しアンテナの方向をエンビロッドで制御しながら孔底から地表面に引き上げながら測定します。また、アンテナを360°回転させることで測定孔からの位置(方向)を特定することができます

ボアホールレーダ法ボアホールレーダ概念

表面波探査(レイリー波探査)

起振機により、いろいろな周期の上下動の振動を起こします。
その波を一定間隔でセットした2個の検出器で受信し、周波数別の伝播時間を計測・解析して地盤状況、空洞の有無を判断します。

表面波探査(レイリー波探査)